行政書士の合格率から何がわかるのか?

行政書士の難易度を判断する時に、用いられるのは合格率です。
確かに合格率は、行政書士の難易度を現す一つの指標ではありますが、 あくまでも一つの指標で、それが全てではありません。

行政書士の合格率というのは、試験そのものの難易度だけではなく、 受験者層やタイミングにも影響していきます。

具体的には、行政書士の受験者層は、類似資格の司法試験、司法書士、社会保険労務士などに比べ、どちらかというと、まぐれ合格を狙う方が多く、そこまで受験者のレベルが高くありません。

ですので、例え合格率が低くても、それほど難易度の高い試験ではないのです。

また、行政書士試験は、まれにその年の難易度が高くなることがあり、 合格率が急に低くなることもあります。

つまり、単純に行政書士の合格率が低いからと、私には無理だと諦める必要はないのです。

重要なのは、正しく行政書士の難易度を把握することです。
「自分が勉強すれば、合格できるのか?」「どういう勉強をすれば、合格できるのか?」など
しっかりと見極めて下さい。

行政書士に合格できない方は、そうしたことを理解できず、誤った判断をしてしまっています。

例えば、法律の知識がないのに、独学で勉強してみたり、とりあえず市販の教材を購入して勉強してみたりです。

それでは、行政書士に合格出来ません。

そこで、このサイトでは行政書士の難易度を正確に紹介していきますので、 自分に合格できるのかしっかりと判断して下さい、 また、行政書士に合格できる勉強法も紹介していきますので、 これから行政書士の勉強をはじめる方に非常に約に立つと思います。



このサイトでは語られていない行政書士の資格の事が以下のサイトに書かれております。
行政書士についてもっと知りたければ、是非参考にして下さい。
⇒行政書士の就職・転職について


>>勉強法を間違えなければ行政書士の合格率も十分あがります<<